美術作品

すぐわかる!ルイス・カンフォート・ティファニーとは

すぐわかる!ルイス・カンフォート・ティファニーとは

19~20世紀のアメリカで活躍したルイス・カンフォート・ティファニーは、ガラス工芸や宝飾デザイナー、画家、金細工師として活躍した人物です。

その生涯とは、どのようなものだったのでしょうか?

わかりやすくご紹介します。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
あのティファニーと関係があるのかな?

ルイス・カンフォート・ティファニーとは

アメリカ・ニューヨークアメリカ・ニューヨーク

ルイス・カンフォート・ティファニーは、ティファニー商会の創立者チャールズ・ルイス・ティファニーの息子です。宝飾デザイナーやガラス工芸家、アート・ディレクターなどで有名ですが、そのキャリアは画家からスタートしています。

ルイス・カンフォート・ティファニーが生まれたのは、1848年(弘化5年・嘉永元年)2月18日のアメリカ合衆国。

絵画をはじめたのは、ジョージ・イネスから個人指導を受けたことがキッカケでした。1866年(慶応2年)にはアーティストになろうと決めていました。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
ジョージ・イネスについては、「クリスマスイブ」という作品を紹介ているよ!

ルイス・カンフォート・ティファニーは、1867年(慶応3年)には、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインに作品を発表しています。

フランス・パリでも学んだ経験を持ち、スケッチをしながら北アフリカ旅行もしています。

1871年(明治4年)、アメリカに戻った際には、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの準会員に選出されています。正会員になったのは1880年(明治13年)のことでした。

1879年(明治12年)にはサミュエル・コールマンとロックウッド・D・フォレストと共に、おもにガラス工芸を扱う装飾会社を設立していました。1892年(明治25年)、ファヴライル・ガラスを開発し、その後特許を取得します。

1900年(明治33年)に開催されたパリ万国博覧会には作品を出展します。ニューヨーク・アール・ヌーヴォーの第一人者としての評判を得るに至ります。

1902年(明治35年)から1918年(大正7年)までは、ティファニー本社の顧問を務めました。

美しいインテリアを数多く手がけた装飾家ルイス・カンフォート・ティファニーは、1933年(昭和8年)1月17日に亡くなりました。

なびさんぽで紹介しているルイス・カンフォート・ティファニー作品

アメリカ合衆国・ニューヨークアメリカ合衆国・ニューヨーク

【なびさんぽ】でご紹介しているルイス・カンフォート・ティファニー作品は次の通りです。

ニューヨーク・デュアン通り 制作:1878年頃。
【ブルックリン美術館所蔵】

まとめ

ルイス・カンフォート・ティファニーとは
  1. 1900年(明治33年)のパリ万国博覧会にガラス工芸作品を出品。
  2. ニューヨーク・アール・ヌーヴォーの第一人者だった人物。
  3. ジョージ・イネスから絵画を学んだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA