美術作品

すぐわかる!ディエゴ・ベラスケス・デ・シルバとは|17世紀スペイン絵画の巨匠の生涯について

すぐわかる!ディエゴ・ベラスケス・デ・シルバとは

17世紀のスペイン絵画における最大の巨匠ディエゴ・ベラスケス。

スペイン国王フェリペ4世の宮廷画家を務めた人物です。

ベラスケスは肖像画だけでなく、神話画や宗教画、歴史画なども制作しました。

ここではベラスケスの生涯をわかりやすく紹介します。

ベラスケス、誕生~画家としての独立まで

スペイン・セビリアスペイン・セビリア

ベラスケスは「ディエゴ・ロドリゲス・デ・シルバ・イ・ベラスケス」という長い名前の持ち主で、1599年(慶長4年)6月6日にスペイン南部に位置するセビリア(セビーリャ)で洗礼を受けています。
この日かそれに近い日に誕生したのでしょう。

現在のセビリアといえば、スペイン・アンダルシア州の州都です。

数々のオペラの舞台にもなっています。

ベラスケスは10代の早い時期に、画家であり美術研究家でもあったフランシスコ・パチェーコの弟子となりました。
1617年(元和3年)、18歳でセビリアの画家組合に登録され独立し、翌年に師匠の娘と結婚したのでした。

ベラスケス、フェリペ4世の宮廷画家に

スペイン・マドリードの街並みスペイン・マドリードの街並み

ベラスケスは、1622年(元和8年)と1623年(元和9年)に首都マドリードを旅行しています。

2度目のマドリード旅行の際に、スペインの首席大臣だったオリバーレス公伯爵ガスパール・デ・グスマンの紹介でフェリペ4世の肖像画(現存せず)を描きました。

それを機に宮廷画家となったベラスケスは、約30数年間に渡り国王夫妻や宮廷人たちの肖像画や王宮・離宮を飾る作品を描き続けました。

フェリペ4世は度々ベラスケスのアトリエに足を運ぶことがあったようです。
ベラスケスの晩年には宮廷装飾の責任者として厚遇しています。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
国王の側近クラスの地位だったみたいだよ。

1628年(寛永5年)、ベラスケスはピーテル・パウル・ルーベンスと出会い親しくなります。
ルーベンスは当時スペイン領だったネーデルラントの外交官として派遣されてきていたのでした。

ベラスケスのイタリア旅行

イタリア・ローマの街並みイタリア・ローマの街並み

翌1629年(寛永6年)、ベラスケスはイタリア行を許可されます。
約2年をかけてヴェネツィアやローマを巡った旅行の目的は、おもに絵画修業と美術品収集でした。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
1度目のイタリア旅行は、ルーベンスの推薦もあって行けたようだよ。

スペインに戻ったベラスケスは、1634年(寛永11年)からブエン・レティーロ離宮の「諸王国の間」に飾られる絵画制作の依頼を受けます。
その際に描かれたのが「ブレダの開城」でした。

1648年(正保5年・慶安元年)~1651年(慶安4年)にかけて、ベラスケスは2度目のイタリア旅行に出ます。
イタリアでは美術品収集を行ないつつ、絵画制作も行なっていました。

ベラスケスの晩年と最期

スペイン・マドリード【プラド美術館】スペイン・マドリード【プラド美術館】

帰国後の1652年(慶安5年・承応元年)には王宮配室長という役職に就き、多忙な日々を送ったことが想像できます。

晩年も精力的に絵画制作に取り組んだベラスケス。
1659年(万治2年)にはサンティアゴ騎士団の称号を授与されました。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
サンティアゴ騎士団の称号はベラスケスの念願だったみたいだよ。

1660年(万治3年)、フランス国王ルイ14世とフェリペ4世の娘マリア・テレサの結婚式の準備に携わります。

その後まもなくディエゴ・ベラスケスはマドリードで亡くなりました。
1660年(万治3年)8月6日のことでした。

ディエゴ・ベラスケスの作品紹介

ディエゴ・ベラスケスの代表作などの一部をご紹介します。

1625年~1628年頃
(寛永2年~寛永5年頃)
フェリペ4世
【プラド美術館所蔵】
1643年~1644年
(寛永20年~寛永21年・正保元年)
セバスティアン・デ・モーラ
【プラド美術館所蔵】
1647年~1651年
(正保4年~慶安4年)
鏡のヴィーナス
【ロンドン・ナショナルギャラリー所蔵】
1650年
(慶安3年)
教皇インノケンティウス10世
【ドーリア・パンフィーリ画廊所蔵 イタリア・ローマ】
1656年
(明暦2年)
ラス・メニーナス
【プラド美術館所蔵】
プラド美術館展 ベラスケス・デ・シルバ、ディエゴ「フェリペ4世」
プラド美術館のコレクションを充実させた人物の肖像!ベラスケス・デ・シルバ、ディエゴ作「フェリペ4世」|国立西洋美術館「スペイン王室コレクションの美と栄光 プラド美術館展」より2002年(平成14年)に国立西洋美術館で開催された「スペイン王室コレクションの美と栄光 プラド美術館展」で鑑賞した、ベラスケス・デ・シルバ、ディエゴの作品「フェリペ4世」。当時の私は、フェリペ4世についての知識が現在以上に乏しかったので、ベラスケスの作品のひとつとしてしか鑑賞できませんでした。プラド美術館のコレクションを充実化させた人物だと認識できていたら、もう少し真剣に向き合えたはず。残念な気持ちを抱えつつ、図録をもとに回想してみます。...

まとめ

ベラスケスとは
  1. ベラスケスは、17世紀スペイン・バロック期絵画最大の巨匠。
  2. スペイン国王フェリペ4世の宮廷画家を務めた人物。
  3. フランドルの画家、ルーベンスとの親交もあった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA