OASIS

ときどき無性に聴きたくなる曲!oasis(オアシス)「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」

OASIS「モーニング・グローリー」

ときどき無性に聴きたくなる曲ってありませんか?

私にとって、OASIS(オアシス)「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」はそんな1曲です。

オアシスの代表作のひとつでもあるこの曲には、不思議な魅力があるんですよね。

■oasis(オアシス)/ (WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY?

  • クリエイション・レコーズ
  • 【CRE CD 189】

oasis(オアシス)「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」とは

OASIS「モーニング・グローリー」

「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」は、イギリスのロックバンド「oasis(オアシス)」が1995年(平成7年)10月に発表したアルバム「モーニング・グローリー」に収録されている曲です。

翌1996年(平成8年)にはシングルカットもされています。

シングルカットに関連して、昨夜の話をさせてください。

子供に頼まれて録画していた星野源のライブ(NHK)を観ていたのですが、その際「シングルカット」の話になりました。

すでに20歳を超えた我が子には「シングルカット」という言葉が通じませんでした。高校時代にはギターをやっていたのに…

時代ですね。音楽の売り方が、我々の世代と違っているのですから。

「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」の作詞&作曲は、現在「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」として活躍するノエル・ギャラガーです。

ノエルが「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」として活躍しているのは、Oasisは2009年(平成21年)に解散してしまっているからです。

残念なことではありますが、オアシスはノエル・ギャラガー(兄・ギター)とリアム・ギャラガー(弟・ヴォーカル)の仲の悪さでも有名でした。

最近もオアシス再結成を匂わす情報を見かけることがありますが、ノエル・ギャラガーにはその意志はなさそうに感じています。

「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」の演奏時間は、CDのブックレットでは7分27秒となっています。

ヴォーカルはリアム・ギャラガーです。(曲によってはノエルが歌っているモノもあります。)失礼ながら、リアムは美声の持ち主とは言えないと思います。しかしながら、リアムの歌声には味があるというか、独特の魅力があります。

いわば「唯一無二」的な存在です。

私は常々、学校で教わるような歌唱法で上手に歌えるかどうかはどうでもいいことだと思っています。

リアムについて考えて見ても、上手い下手で比較されるところにいては、世界的に知られるほどの存在にはならなかったことでしょう。

歌の上手な人は世の中にたくさんいるはずです。でも歌が上手ければ人の印象や記憶に残るかといえば、そうとは言えませんよね。

リアム・ギャラガーの歌声からは、彼独自の世界(ワールド)が展開されるのです。ガサついた感じの声質もロックに合っていると思います。

兄ノエルの作った楽曲を、弟リアムが歌う「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」は、どちらかといえばスローなテンポの曲です。

同じフレーズが繰り返されることで記憶に残り、いつしかその魅力にはまってしまう感じです。

それだから、ときどき無性に聴きたくなるのかな?

わたなびはじめの感想:oasis(オアシス)「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」について

OASIS「モーニング・グローリー」

私が「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」をかけるときは「これから聴くぞ!」みたいな感じではなく、何となくダラダラしてもいい時間にゆったりと流すことが多いです。

「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」が収録されている「モーニング・グローリー」を最初から流していることも多いかもしれません。(「モーニング・グローリー」には他にも名曲が収録されていますから。)

「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」の冒頭部分をご紹介しますね。
曲中で3回登場するフレーズです。

How many special people change
How many lives are living strange
Where were you while we were getting high?

出典:『oasis/ (WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY?「Champagne Supernova」
詞:ノエル・ギャラガー

どれくらい特別な人たちが世界を変えた
どれくらいの人の営みが奇妙な生活をしている
僕らが高みを目指していた間、君はどこにいたの?

といった感じの意味になるのかな。

「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」は英語が苦手な私でも聴きとれる感じのテンポなので、ゴニョゴニョと口ずさんだりしています。(嘘っぽい英語ですけれど…)

私にとっては、心を穏やかにしてくれる鎮静剤的な効果もある気がします。我が家のメンバーには響かないようですが、いい曲ですよ!

まとめ

oasis「Champagne Supernova」
  1. シャンペン・スーパーノヴァは、アルバム「モーニング・グローリー」に収録されている曲。
  2. オアシスを代表する曲のひとつ。
  3. ノエル・ギャラガーが作詞&作曲を担当。

■関連CDのご案内です。
    

オアシス(oasis)の2ndアルバム「モーニング・グローリー」。「シャンペン・スーパーノヴァ」「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」「ワンダーウォール」等、オアシスの代名詞的楽曲が収録されています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA