美術作品

すぐわかる!ヤン・ブリューゲル(父)とは

すぐわかる!ヤン・ブリューゲル(父)とは

約400年ほど昔に活躍した画家ヤン・ブリューゲル(父)とは、どのような生涯を送ったのでしょうか?

その生涯と代表的な作品名を、わかりやすくまとめてみました。

ヤン・ブリューゲル(父)の誕生と独り立ちするまで

ベルギー・街並み【アントワープ】ベルギー・街並み【アントワープ】

ヤン・ブリューゲル(父)は、16世紀~17世紀に活躍したベルギー(当時:ブラバント公国)の画家です。

画家だった父ピーテル・ブリューゲルとマーイケン・クック・ファン・アルストの子として1568年(永禄11年)にブリュッセルで誕生しました。
ちなみに、祖母、ピーテル(兄弟)、ヤン(息子)、アンブロシウス(息子)も画家でした。
ブリューゲル家は少なくとも4代にわたる画家一族でした。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
息子のヤンと区別するために、(父)が付いているんだね。
ちなみに父親のピーテル・ブリューゲルは、「バベルの塔」や「雪中の狩人」で有名な画家だよ。

ブリューゲルは若くして両親を失っています。
父親はヤン・ブリューゲル(父)【以下、ブリューゲル】が1歳のころに、母親は10歳前後で他界しています。
その後は兄と妹とともに祖母の家に身を寄せるようになりました。

ブリューゲルに最初の絵画教育を施したのは、おそらく祖母だったと思われます。
祖母とともにブリューゲル兄妹は、アントウェルペン(アントワープ)に引っ越します。

アントウェルペンでブリューゲルは、祖母以外の画家からも絵を学んだことでしょう。

ヤン・ブリューゲル(父)、イタリアへ

イタリア・ミラノイタリア・ミラノ

1590年(天正18年)から約7年間、ブリューゲルはイタリアで過ごしています。
少なくとも、ナポリ、ローマ、ミラノに滞在しました。

イタリア滞在中、ブリューゲルはミラノ大司教だったフェデリコ・ボッロメーオのために絵画を制作しています。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
枢機卿フェデリコ・ボッロメーオという人物は、ブリューゲルのパトロンになりました。

ヤン・ブリューゲル(父)、アントウェルペンに戻ってからと最後

ベルギー・アントワープベルギー・アントワープ

ブリューゲルは1596年(文禄5年・慶長元年)にアントウェルペン(アントワープ)に移ります。
1601年(慶長6年)には市民権を獲得し、聖ルカ組合(芸術家のギルド)の一員となりました。
1602年(慶長7年)にはアントウェルペンの聖ルカ組合・組合長になっています。

1610年(慶長15年)、ブリューゲルはアルブレヒト・フォン・エスターライヒ(南部ネーデルラント総督)夫妻の宮廷画家の地位を得ます。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
ルーベンスと友人だったんだよ!

ブリューゲルは、花や果実などの静物や動物、風景画、聖書を主題にした作品等を遺しました。
特に精緻に描かれた花卉画(かきが)で有名になり、「花のブリューゲル」と呼ばれるほどでした。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
花卉画とは、おもに鑑賞用の花を咲かせる草花の絵のことだよ!

ヤン・ブリューゲルは、1625年(寛永2年)1月13日にアントウェルペン(アントワープ)で亡くなりました。
死因はコレラでした。

ヤン・ブリューゲル(父)の代表的作品名紹介

ヤン・ブリューゲル(父)の作品をいくつかご紹介します。

イッソスの戦い ルーヴル美術館所蔵(パリ)【1602年】
小さい花卉画-陶製壷の- 美術史美術所蔵(ウィーン)【1607年頃】
楽園のアダムとイブ マウリッツハイス美術館所蔵(デン・ハーグ)【1615年】
「動物の習作(犬)」 美術史美術所蔵(ウィーン)【1616年頃】
「動物の習作(騾馬、猫、猿)」 美術史美術所蔵(ウィーン)【1616年頃】

https://artisticpromenade-hw.com/peter-paul-rubens-toha/

まとめ

ヤン・ブリューゲル(父)
  1. ヤン・ブリューゲルは画家の家系に生まれた。
  2. ヤン・ブリューゲルは若くして父母を失っており、祖母に育ててもらった。
  3. 花卉画(かきが)で有名に。「花のブリューゲル」と形容される。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA