クラシック音楽

すぐわかる!ヘンリク・シェリングとは

すぐわかる!ヘンリク・シェリングとは

ポーランド出身で、のちにメキシコに帰化した名ヴァイオリニスト:ヘンリク・シェリング。

生前、5度来日しています。6度目の来日計画もあったようです。

ここでは、ヘンリク・シェリングの生涯を簡単にご紹介します。

ヘンリク・シェリング、誕生~修業時代

ポーランド・ワルシャワポーランド・ワルシャワ

ヘンリク・シェリングは1918年(大正7年)9月22日にポーランド・ワルシャワ近郊で誕生しました。

5歳から母親の指導によりピアノを教わり、ヴァイオリンは7歳から学び始めます。

ヘンリク・シェリングは10歳になる前に、ブロニスワフ・フーベルマンにヴァイオリンの才能を認められる機会を得ます。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
ブロニスワフ・フーベルマンはヘンリク・シェリングと同郷の偉大なヴァイオリニスト。
すごい人に見いだされたんだね。

ブロニスワフ・フーベルマンはヘンリク・シェリングを自分の弟子にしたわけではなく、指導者として評価の高かったカール・フレッシュに師事することを勧めました。

1929年(昭和4年)~1932年(昭和7年)、ドイツ・ベルリンでカール・フレッシュの指導を経たヘンリク・シェリング。その後はパリ音楽院で学び、首席で卒業しています。パリではガブリエル・ブイヨンに師事し、ヴァイオリンの腕を磨きました。

ヘンリク・シェリング、ヴァイオリニストデビュー~指導者~そして

メキシコ・メキシコシティメキシコ・メキシコシティ

ヘンリク・シェリングは、1933年(昭和8年)にブラームスのヴァイオリン協奏曲でデビューを果たします。

ヴァイオリニストとして認知されるようになったヘンリク・シェリングでしたが、演奏活動に没頭することなく、1933年(昭和8年)~1939年(昭和14年)の期間フランス・パリでナディア・ブーランジェの下で作曲を学びます。

第二次世界大戦中、ヘンリク・シェリングはポーランド亡命政府の連絡将校の通訳を務めました。連合国軍に対して慰問演奏も行なっています。

メキシコ・メキシコシティの慰問演奏の際、大学での仕事を得て、1946年(昭和21年)にはメキシコの市民権を取得(帰化)しました。それ以降メキシコに定住し、国立大学音楽学部で後進の指導に専念していました。

ところが…ヘンリク・シェリングに大きな転機が訪れます。

1956年(昭和31年)、名ピアニストのアルトゥール・ルービンシュタインがメキシコを訪れた際、そこで接したヘンリク・シェリングのヴァイオリンの並外れた能力に驚き、音楽界の主要な人々に紹介したのです。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
ヴァイオリンの指導者として生きていたヘンリク・シェリングを、演奏の舞台に連れ戻したのがアルトゥール・ルービンシュタインというところがドラマチック!
名ピアニストが名ヴァイオリニストの手引きをした感じだね。

ヘンリク・シェリングはその後、ヴァイオリニストとして30年以上にわたって継続することに。まさに現代の名ヴァイオリニストのひとりとして、演奏活動や録音活動に取り組みました。

ヘンリク・シェリングが主に使用したヴァイオリンは、1743年(寛保3年)製のグァルネリ・デル・ジェス「ル・デューク」すで。

ヘンリク・シェリングは演奏活動中の1988年(昭和63年)3月3日にドイツ・カッセルで亡くなり、モナコに埋葬されました。

まとめ

ヘンリク・シェリングとは
  1. 幼くして名ヴァイオリニストに才能を見出された。
  2. メキシコで教育者として活動していた。
  3. ルービンシュタインにより、演奏の舞台へと導かれた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA