MUSE

MUSE(ミューズ)「GLORIOUS(グロリアス)」|なぜか若い頃を思い出せる曲

MUSE「ブラックホール・アンド・レヴァレイションズ」

MUSE(ミューズ)の「GLORIOUS(グロリアス)」を聴くと、なぜか若い頃を思い出せるのが不思議。

「GLORIOUS(グロリアス)」に似たタイトルの楽曲は他にもありますよね。

アラフィフ世代の方ならZIGGYの「GLORIA(グロリア)」やGLAYの「グロリアス」といった日本のロック・バンドの名曲を思い浮かべていらっしゃるかもしれませんね。

今回はUKロック・バンドMUSE(ミューズ)の「GLORIOUS(グロリアス)」についてです。

■MUSE(ミューズ)/BLACK HOLES AND REVELATIONS(ブラックホール・アンド・レヴァレイションズ)

  • ワーナーミュージック・ジャパン
  • 【WPCR-12307】

MUSE(ミューズ)「GLORIOUS(グロリアス)」

MUSE「ブラックホール・アンド・レヴァレイションズ」

「GLORIOUS(グロリアス)」は、2006年(平成18年)にリリースされたMUSE(ミューズ)の4thアルバム「BLACK HOLES AND REVELATIONS(ブラックホール・アンド・レヴァレイションズ)」の日本盤にボーナス・トラックとして収録されている楽曲です。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
海外盤を購入するとボーナス・トラックが収録されていないから、日本盤も購入しないといけなくなっちゃうよね。

「GLORIOUS(グロリアス)」を日本語に訳すと「栄光」になるのでしょう。

でも…

歌詞の正確なニュアンスまではわかりませんが、「GLORIOUS(グロリアス)」は華々しい内容の歌とは思えません。

とはいえ、メロディーは美しく、徐々に駆け上がっていき「GLORIOUS(グロリアス)」という歌詞の部分で最高潮に達する感じがします。
歯切れのよいギターのサウンドも聴きどころのひとつです。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
美しさを感じさせる要素のひとつは、ピアノ・サウンドの影響かもしれないな。

わたなびはじめの感想・MUSE(ミューズ)「GLORIOUS(グロリアス)」

MUSE「ブラックホール・アンド・レヴァレイションズ」

自分でもよくわからないのですが、MUSE(ミューズ)の「GLORIOUS(グロリアス)」を聴いていると学生時代を思い出すのです。

歌詞の内容が関係しているとは思いにくく、おそらくはメロディーが私の記憶に何らかの影響を与えるのでしょう。

高校を卒業して30年ほど経っている現在、曖昧になっている記憶を多少美化している可能性はあります。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
私の脳内で「GLORIOUS(グロリアス)」のメロディーにピッタリと合うように思い出の編集がされていてもおかしくありませんね。

それにしても、MUSE(ミューズ)の楽曲は壮大さと美しさを兼ね備えている作品が多いです。
英語が苦手な私でも魅力を感じることができます。

今日もまた「GLORIOUS(グロリアス)」で懐かしいさに触れてみようかな。

まとめ

MUSE「GLORIOUS」
  1. 「GLORIOUS(グロリアス)」はMUSE(ミューズ)4枚目のアルバムの日本盤にボーナス・トラックとして収録されている楽曲。
  2. 美しいメロディーと曲の盛り上げ方が秀逸。
  3. 聴いたあと、爽やかな印象を感じるメロディー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA