クラシック音楽

ハイドン「交響曲第94番≪驚愕≫」|カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ハイドン「交響曲第94番≪驚愕≫」

交響曲の父とも呼ばれるハイドン

ベートーヴェンの師でもあり、100を超える交響曲を遺しています。

今回は交響曲第94番「驚愕」を、カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で聴いた感想をお届けします。

■ハイドン:交響曲第94番≪驚愕≫/交響曲第101番≪時計≫

  • 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • ドイツ・グラモフォン カラヤン・ゴールドシリーズ
  • 発売:ポリドール株式会社【POCG-9773】

ハイドン「交響曲第94番≪驚愕≫」

ティンパニティンパニ

ハイドンが交響曲第94番「驚愕」を作曲したのは、1度目にイギリスを訪問・滞在した1791年(寛政3年)です。
後述するエステルハージ家を離れた後のことです。

交響曲第94番「驚愕」はハイドンの作品のなかで、最も有名な曲のひとつ。

4つの楽章から成り立っていて、演奏時間は約25分弱といったところです。

ところで、なぜ「驚愕」と言われるのでしょうか?

その理由は第2楽章にあります。
ヒミツはティンパニの打撃音です。

眠気覚ましの効果を狙ったとか…。

ちょっぴりおもしろいですよね。

ハイドンとは

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンは、オーストリア出身の古典派を代表する作曲家のひとりです。

■古典派とは

古典派とはクラシック音楽の区分で、1730年代から約100年間に活躍した作曲家やその楽曲のことを指します。
ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンが代表的作曲家です。

上述の約100年間は、ハイドンの誕生からベートーヴェンの亡くなるまでの期間とほぼ重なります。

ハイドンの特筆するべきは、その作曲数の多さです。
交響曲だけでも100曲を超え、弦楽四重奏曲も60曲を越えています。

そのため「交響曲の父」「弦楽四重奏曲の父」とも呼ばれるほど。
ハイドンの作品は、現在のドイツ国歌でも聴くことができます。

ハイドンの生きた時代の音楽家は、宮廷などのお抱え音楽家となって生計を立てるのが一般的でした。
一般民衆に楽譜を販売したり、コンサートを開催して興行収入を稼ぐフリーランス的なスタイルが流行るのはもう少し後のこと。(ヘンデルは例外かもしれません。)

ハイドンの場合、人生の多くをエステルハージ家に仕えて過ごしました。

ここからは、ハイドンの生涯を簡単にご紹介します。

ハイドンが生まれたのは、1732年(享保17年)3月31日です。
場所は神聖ローマ帝国・下オーストリア大公国ニーダーエスターライヒ州ローラウ村でした。

ハイドンの家業は車大工で、暮らしはそれほど裕福ではなかったようです。
両親は音楽好きでした。

5歳の頃、義理の叔父(父親の妹の配偶者)であり、音楽学校の校長でもあったマティアス・フランクに音楽的才能を見出され、音楽を学び始めます。
残念ながら、満足できるような指導は受けられませんでした。

1740年(元文5年)、シュテファン大聖堂のゲオルク・フォン・ロイターに才能を認められウィーンに移り住み、聖歌隊の一員になります。
音楽の都ウィーンで音楽を生業にできたことは、ハイドンにとっては幸せなことだったと思います。

しかしハイドンに転機が訪れます。
変声期で声が変わってしまったのです。

1749年(寛延2年)、9年間勤めた聖歌隊を解雇されてしまいます。
その後の数年間は、安定した仕事に就くことはできなかったようです。
10代後半のハイドンにとっては試練の時期でした。

その頃のハイドンは、ヴァイオリンやオルガンの演奏、教会の歌手などをして生計を立てていました。
うれしい出来事としては、次の2人のイタリア人に出会えたことです。

  • ピエトロ・メタスタージオ:詩人・オペラの台本作家
  • ニコラ・ポルポラ:イタリア後期バロックの作曲家

ポルポラについては、従者をしていた時期がありました。

この頃からハイドンは、本格的に作曲を勉強しはじめます。
ポルポラの影響も受けたのではないでしょうか。
ハイドンは、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(J・S・バッハの息子の一人で作曲家)の影響を強く受けたようです。

1750年(寛延3年)頃には「ミサ・ブレヴィス ヘ長調」を作曲します。
これは現存するハイドン最初期の作品です。

1750年代後半、ハイドンはカール・モルツィン伯爵の宮廷楽長に就任します。
この時期にハイドンは、交響曲第1番をはじめとして交響曲だけでも約15曲を作曲しています。

ハイドンがモルツィン伯爵に仕えた期間は不明ですが、経済的な問題により解雇の憂き目にあいます。

その後、1761年(宝暦11年)には、エステルハージ家で副楽長の職に就いています。
エステルハージ家は西部ハンガリーの名門貴族でした。

この副学長時代にも、ハイドンは約25曲の交響曲を作曲しています。

1766年(明和3年)、前楽長が亡くなり、ハイドンが楽長に昇進します。
ハイドンの仕事は多岐に渡り、作曲だけでなくオペラ歌手との契約などもこなしていました。

1780年(安永9年)頃には、エステルハージ家におけるハイドンの評価も高くなっていたようです。
ハイドンはエステルハージ家に約30年間仕えるなかで、すばらしい楽曲の提供だけでなく、真面目に仕事に取り組んでいたのだと思います。

1781年(安永10年・天明元年)頃にはモーツァルトとの出会いがあります。

ハイドンとモーツァルトの年齢差は24歳、大人と子供ほどの違いがありますが、二人は互いを尊敬し合っていました。
どちらかというと「友人」という関係性だったようです。
この出会いからモーツァルトが亡くなるまでの約10年間、親交は続きました。

1790年(寛政2年)のエステルハージ家・宮廷楽団の解散に伴い、ハイドンはフリーの作曲家として歩みはじめます。

同年、ハイドンはイギリス・ロンドンで演奏会の機会を得ます。
イギリス訪問は2回行なわれ、公演は大成功。

ハイドンはこのイギリス訪問の際に作曲も行なっています。

  • 交響曲第94番「驚愕」
  • 交響曲第100番「軍隊」
  • 交響曲第103番「太鼓連打」
  • 交響曲第104番「ロンドン」

etc...

ハイドンの名声は広がり、経済的にも成功しました。

イギリスの市民権取得も考えたようですが、ハイドンはウィーンに戻ります。

1802年(享和2年)には、持病の悪化で作曲が困難になります。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンは、1809年(文化6年)5月31日にオーストリア・ウィーンで亡くなりました。
葬儀には大勢の参列者が訪れました。

わたなびはじめの感想・ハイドン 交響曲第94番「驚愕」

ハイドン「交響曲第94番≪驚愕≫」

何げなく妻に「ハイドンの曲で知っているのある?」と聞いたところ、「びっくり交響曲なら知っている。」と答えがありました。

少し悔しい気分になりました…。
(妻にはよく「小っさい」と言われます。)

その「びっくり交響曲」が、今回ご紹介する交響曲第94番「驚愕」なのです。

恥ずかしながら、私はこれまでハイドンの曲はほとんど聴いたことがありませんでした。
不思議なことに「交響曲の父」とまで言われる音楽家の曲について、聴いてみようと思わなかったのです。

カラヤン・ゴールドシリーズのCDを収集する過程で、ハイドンの交響曲に触れる機会を得ていましたが、聴くことはありませんでした。

しかし、モーツァルトの友人であり、ベートーヴェンの師匠でもある人物に対する興味が無かったわけではないのです。

そして本日、(私の中で)ついに機は熟しました。

ここからは交響曲第94番「驚愕」の楽章ごとに、感想をお伝えします。

■第1楽章

爽やかな幕開け。
まるで優雅な休日の朝のようです。

その後、徐々にリズミカルに変化し、パッと明るい表情を見せます。
時折、ゴージャス感もあり、全体を通じて朗らかな印象を受ける楽章です。

■第2楽章

出だし部分の旋律は、どこかで耳にしていたような気がします。
油断していると、ビックリしますよ!

ユーモラスで心が晴れやかになる気がします。

CDジャケットにティンパニマレット(バチ)が描かれているのは、この楽章に由来しているのでしょう。

■第3楽章

弾むような軽快なメヌエット。

耳に心地よいメロディーで構成されています。

■第4楽章

しなやかな徒競走?といった印象を受けるはじまり。

全楽章と通じて、最も疾走感があります。
それとともに、感情的な盛り上がりも感じます。

一番短い楽章です。
終わり方も後味スッキリです。

ハイドンの交響曲をじっくりと鑑賞したのは今回が初めてです。

交響曲第94番「驚愕」は、聴く前のイメージとは違って心地よい爽やかな作品です。
「驚愕」という副題に惑わされていた感があります。

長い期間、ハイドンが貴族に作品を提供していた影響を感じます。
(勝手な思い込みかもしれませんが…。)

カラヤンとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏は、すばらしいのひと言。

ですが、この曲自体聴いたことがなく、もちろん他の指揮者やオーケストラの演奏も知らないので、他作品との比較はできません。

ハイドンは他の有名音楽家と比べて膨大な数の作曲をしていますが、その間の苦労について私はほとんど知りません。
その作品数に圧倒されるばかりです。

高校で音楽を選択しなかったので何とも言えませんが、バッハやモーツアルトといった音楽家と同じくらい、学校の授業で採り上げられても良いのではないかと思います。

ある意味、私にとって初めてのハイドンは、非常に清々しい印象とともに、彼の他作品にも興味を抱かせるものとなりました。

まとめ

ハイドン・交響曲第94番
  1. ハイドンは100以上の交響曲を作曲した。
  2. モーツアルトとも親交があった。
  3. 交響曲第94番「驚愕」のヒミツは第2楽章のティンパニにあり!

■関連CDのご案内です。
    

ハイドン:交響曲第94番≪驚愕≫、100番≪軍隊≫、101番≪時計≫ [ ヘルベルト・フォン・カラヤン ]

価格:1,257円
(2020/4/30 11:21時点)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA