クラシック音楽

カラヤン・ゴールドシリーズには収録されなかった?R.シュトラウス 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」|カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」

Rシュトラウス交響詩「ツァラトゥストラかく語りき」他

カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、R.シュトラウス作曲の交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」を聴こうと思い、カラヤン・ゴールドシリーズの「ツァラトゥストラ」を手にしたら…

あれっ、ないぞ!

すべては私の勘違いでした。

カラヤン・ゴールドシリーズにおける交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、今回ご紹介するCDではなく、交響詩「ドン・キホーテ」のCDに収録されていただけだったのです。

どうして勘違いしたのかなぁ?

カラヤン・ゴールドシリーズを中古CDショップで地道に探していた時期、交響詩「ドン・キホーテ」のCDがなかなか手に入らなかったからなのか…。(これについては後半に。)

それで今回ご紹介する「ドイツ・グラモフォン BEST 100」のCDを購入したのかもしれません。

記憶がおぼろげで、自分でもわかりません。

■R.シュトラウス:ツァラトゥストラ/ドン・ファン/ティル

  • 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • ドイツ・グラモフォン BEST 100
  • 発売:ユニバーサル ミュージック株式会社【UCCG-70017】

R.シュトラウス作曲 交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

Rシュトラウス交響詩「ツァラトゥストラかく語りき」他

交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、R.シュトラウスが1895年(明治28年)に作曲した作品です。

初演されたのは1895年(明治28年)11月5日のケルンで、フランツ・ヴュルナーが指揮を務めました。

この作品はの14世紀の北ドイツに実在したとされる、ティル・オイレンシュピーゲルの物語が基になっています。当初は口伝により語り継がれていたティル伝説は、15世紀末期に「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」という民衆本にまとめられました。

その主人公ティルは、中世ドイツ・ブラウンシュバイクの近郊クナイトリンゲン村で誕生しました。ドイツの人々にとってティルは、「楽しい輩」といった受け止められ方をされているようです。

ティルはさまざまな職業に携わりながら、ドイツをまわり歩いたようです。

ときには荒馬を乗り回して市場を混乱させ、騎士や僧侶に変装して大暴れ、恋と失恋、絞首刑の宣告等々、ならず者ではありながら憎めないキャラクターだったようです。

ティルの最後は、ペストにより病死したとも、絞首刑にされたとも言われているようです。

R.シュトラウスは当初、このような波乱に富んだティルの物語をオペラ化しようと考え、台本まで書いていました。

ところが、R.シュトラウス最初のオペラである歌劇「グントラム」の評価が低かったことなどを理由に、交響詩に変更しました。

そして完成したのが、交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」です。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」がオペラ化されていたなら、さぞかしすばらしい作品になっていただろうな。
1956年(昭和31年)にはジェラール・フィリップにより映画化されたようだけれど、観たことがない。

R.シュトラウスとは

リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(以降、R.シュトラウスと表記)は、後期ロマン派に属するドイツの作曲家です。
交響詩と歌劇で有名です。

■後期ロマン派とは

ロマン派とは、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典派の音楽に、ロマン主義という要素を用いて発展させていった音楽です。
もちろん中心は19世紀のヨーロッパでした。

ロマン派は、初期・盛期・後期といった分類をされることがあります。

後期ロマン派は、1850年(嘉永3年)~1890年(明治23年)くらいの期間の音楽です。
代表的な音楽家には、リヒャルト・シュトラウス、ブルックナー、シベリウス、マーラーらがいます。

R.シュトラウスは、バイエルン王国・ミュンヘンで1864年(文久4年・元治元年)6月11日に生まれました。

父親はミュンヘン宮廷歌劇場の首席ホルン奏者でした。
R.シュトラウスは幼い頃から父親に音楽を教わりました。

1882年(明治15年)、ミュンヘン大学に進んだR.シュトラウスでしたが、1年後にはベルリンに引っ越しています。

その後、指揮者でありピアニストでもあったハンス・フォン・ビューローの補助指揮者になり、指揮法について学びます。
1885年(明治18年)、ハンス・フォン・ビューロー引退後には、その後任に就いています。

このような機会に恵まれるからには、R.シュトラウスという人物は豊かな音楽的才能を持ち合わせていたのでしょう。

R.シュトラウスは指揮者として活躍するだけでなく、作曲活動にも取り組んでいました。
指揮者の弟子には、あのカール・ベームもいます。

指揮者としてのR.シュトラウスは、ミュンヘンやベルリン、ウィーンの名だたる歌劇場で要職を務めるほどでした。
1894年(明治17年)には、バイロイト音楽祭にて「タンホイザー」を指揮しています。

作曲家としてのR.シュトラウスの代表作を一部紹介します。

  • 交響詩「ドン・ファン」【1888年】
  • 歌劇「グントラム」【1894年】
  • 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」【1895年】
  • 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」【1896年】
  • 交響詩「ドン・キホーテ」【1897年】
  • 交響詩「英雄の生涯」【1898年】
  • 歌劇「ばらの騎士」【1910年】
  • アルプス交響曲【1915年】

R.シュトラウスの作品は、全て初演から大成功というわけではありませんでした。

例えば、交響詩「ドン・ファン」の初演は賛否両論の結果でした。
それに対して、1911年(明治44年)1月26日にドレスデン宮廷歌劇場で初演された歌劇「ばらの騎士」は超大成功をおさめています。

R.シュトラウスの名を広めることになった要因としては、映画でその音楽が使用されたこともあげられます。

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」が、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」で使用されたのです。
しかしこれはR.シュトラウスが亡くなったあとのことでした。

R.シュトラウスは、ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェンにて、1949年(昭和24年)9月8日に亡くなりました。

わたなびはじめの感想:R.シュトラウス 交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」について

Rシュトラウス交響詩「ツァラトゥストラかく語りき」他左:カラヤン・ゴールドシリーズ。右:今回のCD

ここでは交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の感想を紹介しますが、その前にCDの収録の件をお伝えさせてください。

私は以前、カラヤン・ゴールドシリーズを揃える前に購入していたCDを処分したことがありました。カラヤン・ゴールドシリーズと重複した、ヨーロッパからの輸入盤や廉価盤などです。

しかし今回ご紹介しているCDについては、ジャケットが重複しているにもかかわらず処分せずにいたのです。

理由はカラヤン・ゴールドシリーズの同じジャケットのCDには、交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」収録されていなかったからだと思います。(あいまいな記憶ですが…)

Rシュトラウス交響詩「ツァラトゥストラかく語りき」他左:カラヤン・ゴールドシリーズ。右:今回のCD

結局、カラヤン・ゴールドシリーズにおける交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、交響詩「ドン・キホーテ」とともに収録されていたわけです。

交響詩「ドン・キホーテ」のCDは入手したことで満足してしまい、聴いていなかったのです。

そのため、交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の存在を知らず、今回のCDを処分することなく手元に残す判断をしたのだと思います。

何はともあれ、カラヤン・ゴールドシリーズに収録されていたので安心しました。

ここからは交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の感想です。
【 】は、今回聴いたCDの演奏時間です。

■交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」【15分19秒】

穏やかでありながら、どこかコミカルな出だし。おそらくは「昔々~」みたいな物語の始まりを表現しているのでしょう。

ホルンがティル・オイレンシュピーゲルを表現しています。

まだ序盤だというのに、お騒がせ者のティルが早速何かやらかしたかのようです。市場の大混乱の場面でしょうか。

そうかと思えば威風堂々とした雰囲気に変化します。ティルが偉い人にでも変装したのでしょう。

中盤に差しかかった頃、音の厚みが増し緊張感が高まります。でも、どこかひょうきん者のような感じが漂っているので、深刻には受け止められません。

息つく暇もなく、コロコロと場面が入れ替わるかのようです。

曲の終盤、小太鼓が鳴り響き、ティルに暗雲が立ち込めた様子が表現されます。

金管楽器が不穏に鳴り響きます。ティルの刑を宣告するかのようです。

最後は穏やかに冒頭のメロディが繰り返され、劇的な響きで終わります。

奇人とも思えるティルの多面性に合わせて、さまざまな表情が音楽で表現されています。

交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、まさに音楽で聴く物語です。

約16分間という時間の中に、ティル・オイレンシュピーゲルの人生が凝縮されているかのようで、本当に大好きな作品です。

この作品は「交響詩」となってはいますが、R.シュトラウスがオペラ化を考えていたこと思うと「序曲」のようにも受け止められる気がします。

カラヤンはR.シュトラウスの作品が得意だったようですね。

カラヤン・ゴールドシリーズにはR.シュトラウス関連CDが4枚あります。すべてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

カラヤン・ゴールドシリーズは、1980年代に録音したものからセレクトされているわけですから、晩年のカラヤンはR.シュトラウス作品を指揮したかったのでしょう。

交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、聴くだけで心が揉み解されていくような感じがします。やすらぎとは違いますが、波乱万丈の展開から元気をもらえる気がするのです。ちょっぴりショック療法的?な感じですかね。

まとめ

R.シュトラウス「ティル・オイレンシュピーゲル」
  1. ティル・オイレンシュピーゲルの伝説を音楽化した作品。
  2. R.シュトラウスはティルの物語をオペラにしようとしていた。
  3. カラヤン・ゴールドシリーズにはR.シュトラウスのCDが4枚含まれている。

■関連CDのご案内です。
    

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン、演奏:ベルリン・フィルハーモニア管弦楽団によるリヒャルト・シュトラウス作品の演奏です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA