美術作品

凛々しい肖像画!アントーン・ファン・ダイク作「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」|東京都美術館「ウィーン美術史美術館所蔵 栄光のオランダ・フランドル絵画展」より

栄光のオランダ・フランドル絵画展 アントーン・ファン・ダイク「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」

なんと凛々しい肖像画でしょう!

アントーン・ファン・ダイクの描いた「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」は。

フランドル・バロック期を代表する画家ファン・ダイクの作品と考えられています。

2004年(平成16年)に東京都美術館で開催された「ウィーン美術史美術館所蔵 栄光のオランダ・フランドル絵画展」の図録をもとに回想します。

  • 制作年:1620~1621年頃
  • サイズ:75.5 × 58.0cm
  • 油彩、カンヴァス

アントーン・ファン・ダイク作「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」

栄光のオランダ・フランドル絵画展 アントーン・ファン・ダイク「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」

はじめにお伝えしますが、「ウィーン美術史美術館所蔵 栄光のオランダ・フランドル絵画展」の図録解説によると、「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」はアントーン・ファン・ダイクが描いたのかどうか疑問視されているようです。

描かれている人物についても、画家パウル・デ・フォスなのかどうかハッキリとしていません。

そのうえで、パウル・デ・フォスという人物についてご紹介しましょう。

パウル・デ・フォスは16~17世紀にかけてアントウェルペン(アントワープ)で動物画などを描いていた画家です。
その兄はコルネリアス・デ・フォスで、肖像画や歴史画を描いた画家でした。

アントーン・ファン・ダイクの描いたとされる「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」は、非常に凛々しい男性像を表現しています。

おそらくはそれほど歳はとっていない男性なのでしょう。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
髭の印象で年齢がよくわからないな…

前髪をナチュラルにかき揚げ額を露わにし、口元をキュッと引き締めた顔立ちは美男子といえるでしょう。
さらに見開かれた大きな瞳には、艶やかさを感じます。

服装は黒を基調とした落ち着きのあるいで立ちで、全体的な品格を高めているように思えます。

背景は外の風景(夜空)なのか、それとも室内の黒壁なのかはわかりませんが、画面左上の赤色のカーテンが作品のアクセントになっています。

個人的に気になるのは、男性の左肩付近に横一本に引かれた線です。
夜警が描かれているとすれば、街の灯を表現しているのかもしれません。

この横線のおかげで、観る側の視線が安定するように感じています。

いずれにしても凛々しき美男子の肖像ですね。

アントーン・ファン・ダイクとは

ヴァン・ダイクの生涯については、『すぐわかる!アンソニー・ヴァン・ダイクとは』をご参照ください。

アンソニー・ヴァン・ダイクとは
すぐわかる!アンソニー・ヴァン・ダイクとはフランドル出身で、バロック期を代表する画家のひとりアンソニー・ヴァン・ダイク(アントーン・ファン・ダイク)とはどのような画家だったのでしょうか?イングランド絵画にも大きな影響を与えた人物の生涯をわかりやすくご紹介します。...

わたなびはじめの感想・ヴァン・ダイク「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」

アンソニー・ヴァン・ダイクの像アンソニー・ヴァン・ダイクの像

アンソニー・ヴァン・ダイク(英名:アントーン・ファン・ダイク)ファンにとっては、「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」を描いた人物が誰なのか非常に気になることでしょう。

私個人としては、誰が誰を描いたにしても「魅力的な肖像画」であることに変わりありません。

アンソニー・ヴァン・ダイクはイングランドで大成功している画家です。

しかし「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」が描かれたのは、アントウェルペン時代にルーベンスと仕事をした直後くらいなのではないでしょうか?
1620年(元和6年)には短期間のイングランド旅行に行っていますが…

図録で振り返ると非常に印象的な作品であるにもかかわらず、2004年(平成16年)に東京都美術館で鑑賞したときの記憶は曖昧です。
もっと印象に残っていてもおかしくない作品だと思うのですが、不思議ですね。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
鑑賞できた作品の印象を全て記憶するのは、私にはとても無理だな…

最後に、いつものわたなび流の感想で終わります。
アントーン・ファン・ダイクの描いた「男の肖像(画家パウル・デ・フォス《?》の肖像)」は、「美術館で鑑賞したい作品」です。

非常にすばらしい作品ではありますが、自宅で鑑賞する感じではないかなと思いました。

とはいえ、いつの日か画家に肖像画を描いていただく機会に恵まれたなら、この男性のように描いてほしいと思ってしまいました。
(現実を、だいぶ歪めなければならなくなると思いますが…)

まとめ

ファン・ダイク「男の肖像」
  1. 作者がアントーン・ファン・ダイクなのかどうか疑問が残っている作品。
  2. 肖像画に描かれている男性がパウル・デ・フォスかどうかも怪しい。
  3. 作品としては、凛々しい男性像を描いたすばらしい肖像画。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA