美術作品

すぐわかる!ドメーニコ・フィアゼッラとは

すぐわかる!ドメーニコ・フィアゼッラとは

17世紀のイタリアで活躍した画家ドメーニコ・フィアゼッラ。

ジェノヴァ派でも指導的立場にあったフィアゼッラは、どのような生涯を送ったのでしょうか?

少ない情報ながらご紹介します。

ドメーニコ・フィアゼッラ、誕生~修業時代

ローマの街並みローマの街並み

ドメーニコ・フィアゼッラは、サルザーナで1589年(天正17年)に誕生します。現在のサルザーナは、イタリア・リグーリア州ラ・スペツィア県にある都市です。

ドメーニコ・フィアゼッラの父親は金や銀の細工師だったようです。ドメーニコにとって、最初に絵の手ほどきをしてくれたのは父親とジョヴァンニ・フランチェスコでした。

その後はジェノヴァに移り、ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジに弟子入りします。

1607年(慶長12年)からの10年間はローマに移り、古典的な技法だけでなく新しい絵画の流れも身に付けます。

ドメーニコ・フィアゼッラ、画家として

イタリア・ジェノヴァイタリア・ジェノヴァ

ジェノヴァに戻ってからはパラッツォ・ロメッリーニのフレスコ画などの壁画や宗教画を制作していました。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
パラッツォとは「宮殿」や「官邸」などと訳される、イタリアの比較的大きな建物のことだよ。

ドメーニコ・フィアゼッラは、ジェノヴァ派の指導者としても活躍しました。多くのお弟子さんもいました。

画家としては、自然主義画家としての評価が高いようです。

ドメーニコ・フィアゼッラ、最期と作品

イタリア・ジェノヴァイタリア・ジェノヴァ

ドメーニコ・フィアゼッラは、1669年(寛文9年)にジェノヴァで亡くなりました。

なびさんぽで紹介しているドメーニコ・フィアゼッラ作品

イタリア・ローマの街並みイタリア・ローマの街並み

【なびさんぽ】でご紹介しているドメーニコ・フィアゼッラの作品は次の通りです。

キリストとサマリヤの女 制作年:17世紀(完成日付の詳細は不明)。
【プーシキン美術館所蔵】
わたなびはじめ
わたなびはじめ
聖書から画題が選ばれていているね。

まとめ

ドメーニコ・フィアゼッラ
  1. ドメーニコ・フィアゼッラはイタリア・サルザーナ出身の画家。
  2. 師匠はジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ。
  3. ドメーニコ・フィアゼッラは、ジェノヴァ派の指導者的存在の画家だった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA