美術作品

聖書の場面を物語のように表現!ウジェーヌ・ドラクロワ作 「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」|Bunkamura ザ・ミュージアム「コーポレート・アート・コレクション展 モネ、ルノワールからピカソまで」より

コーポレート・アート・コレクション展_04_ウジェーヌ・ドラクロワ作 「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」

1997年(平成9年)にBunkamura ザ・ミュージアムで開催された「コーポレート・アート・コレクション展 モネ、ルノワールからピカソまで」。

そこでは画家のイマジネーションが、絵画として結実した作品との出会いがありました。

「コーポレート・アート・コレクション展」の図録より、ウジェーヌ・ドラクロワ作 「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」をご紹介します。

■ウジェーヌ・ドラクロワ作 「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」

  • 制作年:1860年
  • サイズ:42.7 × 34.3cm
  • 油彩、木のパネルに貼られたカードボード

ウジェーヌ・ドラクロワ作 「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」

コーポレート・アート・コレクション展_04_ウジェーヌ・ドラクロワ作 「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」

ウジェーヌ・ドラクロワが描いた「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」は、新約聖書の使徒行伝に題材を見出しています。

ステファーノすなわちステパノは、イエス・キリストを信じる信仰が深く、神からの恵みと力に満ちた人物でした。
しかし、反対者たちの虚偽により議会(裁判)に引き出されることになります。

そのような逆境の最中にあって、議会の人々の目にはステパノ顔が「天使の顔」のように見えたと伝えられています。

ステパノはアブラハム、モーセ、ダビデといった旧約聖書に登場する人物を引き合いに出して、話をします。
これらの人々はイスラエルの民にとって重要な人物たちでした。

ステパノは心の正しい人であったがために、自分を不当な裁判にかけている人々のしていることを黙認できませんでした。
すなわち、神の教えに正しく従っていないことを告げたのです。

当然、反対者たちはステパノの言葉を聞いて怒ります。

その後、ステパノが語った言葉はさらに反対者たちを激高させることになります。

しかし、彼は聖霊に満たされて、天を見つめていると、神の栄光が現れ、イエスが神の右に立っておられるのが見えた。そこで、彼は「ああ、天が開けて、人の子が神の右に立っておいでになるのが見える」と言った。

出典:新約聖書 使徒行伝7章55~56節
192ページ 日本聖書協会

この言葉をを聞いた反対者たちは、ステパノを街の外まで引っ張っていき、石を投げつけます。

こうして、彼らがステパノに石を投げつけている間、ステパノは祈りつづけて言った、「主イエスよ、わたしの霊をお受け下さい」。そして、ひざまづいて、大声で叫んだ、「主よ、どうぞ、この罪を彼らに負わせないで下さい」。こう言って、彼は眠りについた。

出典:新約聖書 使徒行伝7章59~60節
193ページ 日本聖書協会

イエス・キリストに忠実であったステパノは殉教したのです。

ドラクロワが描いたのは、このあとの場面です。

信仰深い人たちはステパノを葬り、彼のために胸を打って、非常に悲しんだ。

出典:新約聖書 使徒行伝8章2節
193ページ 日本聖書協会

私の手元にある聖書に書かれている殉教後のステパノの描写については、この1文のみです。

ドラクロワはこの場面のイマジネーションを膨らませて、「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」を描いたのでしょう。

イエス・キリストに対する信仰深い人たちは、ステパノの亡骸をそのまま放置してはいられなかったのです。
その中には、かつてステパノに励まされたり、助けられたことのあった人もいたかもしれません。

自分たちにも迫害が及ぶ危険性がある状況であっても、ステパノをそのままにはしておけなかったのです。

ドラクロワの作品には、緊迫した状況における弟子たちの緊張感や必死な様子が動きを伴って描き込まれています。

ウジェーヌ・ドラクロワとは

フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワは、19世紀のフランスの画家です。
ドラクロワは、主観や感受性を重要視したロマン主義を代表する画家のひとりでもありました。

ドラクロワは1798年(寛政10年)4月26日、パリ近郊の街シャラントン=サン=モーリス(現在のサン=モーリス)で誕生しました。

ドラクロワは17歳で新古典主義の画家ピエール=ナルシス・ゲランの弟子となります。
翌年にはパリ美術学校に入学。
ドラクロワは、ピーテル・パウル・ルーベンスパオロ・ヴェロネーゼらからも影響を受けたと言われています。

1822年(文政5年)には、「ダンテの小舟」がサロン(官展)で入賞します。
この作品は高い評価を得、政府に買い上げられています。

2年後には「キオス島の虐殺」を出品しましたが、ギリシャ独立戦争で起きた実際の事件を題材としていたこともあり評価の賛否は分かれます。
その後「キオス島の虐殺」は、政府が買上げることになりました。

ドワクロワが32歳の頃、フランスで激動が起こります。
1830年(文政13年・天保元年)、王政復古で復活したブルボン朝を打倒するべく市民革命が起きたのです。
フランス七月革命と呼ばれるこのできごとにより、ルイ・フィリップが王位を得ます。

この栄光の三日間を描いたのが、有名な「民衆を導く自由の女神」です。
ドラクロワの躍動的で大胆な色彩感覚が、存分に発揮された作品です。

33歳のとき、ドラクロワはレジオン・ドヌール勲章を授章します。

ドラクロワはフランス政府の記録画家としても活躍していました。
1832年(天保3年)、政府より派遣された外交使節とともにモロッコに訪問しています。

モロッコ訪問時に、ドラクロワはデッサンを残しており、1834年(天保5年)にはそれを基に「アルジェの女たち」を描いています。

ドワクロワは生涯を通じて画家として精力的に活動を続け、リュクサンブール宮やサン・シュルピス聖堂、パリ市庁舎、ルーブル美術館といった建築物の装飾なども手掛けました。

1861年(万延2年・文久元年)には美術アカデミーの会員になっています。

1863年(文久3年)8月13日、ドワクロワはフランス・パリにて65歳で亡くなりました。

わたなびはじめの感想・「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」

ウジェーヌ・ドラクロワの「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」は、悲しい場面を描いている作品です。

街の城壁の外側を描写した背景も薄暗く、悲しみの場面をさらに印象深いものにしています。

作品名からも伝わってくるように、ドラクロワが表現したかったのはステパノというよりも弟子たちの方です。

聖書に親しんでいる国の人々にとっては「ステパノ」の名前を聞いただけで、すぐにその人となりが思い浮かぶことでしょう。
そのため、あえて殉教前のステパノを主人公とした場面を選ばなかったのかもしれません。

観る側の人たちにしてみれば、殉教後の場面であっても、自然とステパノに気持ちが向かうと思うからです。

その上で、自分の危険を顧みない男女の弟子たちを通じて、人々の心の機微を描いたのではないでしょうか?

そうは言いながらも正直なところ、ドラクロワがなぜこの場面を選び、どのような意図をもって描いたのかはわかりません。

ドラクロワ作品には、他にも悲しい事件がテーマにされているものがあります。

制作者の意図が分からなくても、観る側によってさまざまな受け止め方ができるというのも絵画の魅力のひとつです。

あなたは、「聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達」をどのようにご覧になりますか?

最後に、わたなび流の感想を述べさせていただきます。
すばらしい作品ではありますが、欲しい(家で鑑賞したい)とは思いません。しかし、描写している場面には高い関心を持っています。

もしも自分の大切な人が同じような経験をしたとしたら、私はどのように行動するのだろう?」と考えさせられる作品です。

この作品を所有している丸沼芸術の森の公式サイトによると、普段は埼玉県立近代美術館に展示されているようなので、機会をあらためて、観に行かせていただけたらと思います。

まとめ

E.ドラクロワ・聖ステファーノの遺体を運び去る弟子達
  1. 新約聖書の使徒行伝の一場面を描いた作品。
  2. 人の動きと心理状態が表現されている。
  3. ドワクロワの色使いが劇的に表現されている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA