美術作品

点描による穏やかな印象!ジョルジュ・スーラ作「オンフルール港の入口」|国立西洋美術館「バーンズ・コレクション展」より

バーンズコレクション ジョルジュ・スーラ「オンフルール港の入口」

点描で描かれた作品を初めて間近で鑑賞したのは、1994年(平成6年)に国立西洋美術館で開催された「バーンズ・コレクション展」においてでした。

緻密で美しい点描作品に対する感想を、ジョルジュ・スーラ作「オンフルール港の入口」をテーマにご紹介します。

■ジョルジュ・スーラ作「オンフルール港の入口」

  • 制作年:1886年
  • サイズ:54 × 65.3cm
  • 油彩、カンヴァス

ジョルジュ・スーラ作「オンフルール港の入口」

バーンズコレクション ジョルジュ・スーラ「オンフルール港の入口」

ジョルジュ・スーラは1885年(明治18年)から亡くなるまでの期間、1度の例外を除いて毎年夏の海辺で風景画を描きました。

オンフルール港の入口」で描かれているオンフルールは、フランス・ノルマンディー地方の港町で、セーヌ川の河口に位置します。

オンフルールが生んだ有名人としては、美術の世界では画家のウジェーヌ・ブーダンが、音楽においては作曲家のエリック・サティらがいます。

バーンズ・コレクション展の図録の解説によると、スーラが「オンフルール港の入口」を描くスタイルがわかります。

スーラはオンフルールの海景画を7点制作しているが、これらは最終的にパリに帰ってからアトリエで完成されている。

出典:『バーンズ・コレクション展図録』冨田章著 80ページ

スーラが「オンフルール港の入口」を描いた1886年(明治19年)当時と、現在のオンフルールの景色が同じとは思えませんが、すてきな港町であることが想像できます。

空が青系統の色彩で統一されていないのは「雲」を描いたからなのでしょうか。

また、画面中央の手前に繋船柱が配置されているのも、単調さを避ける狙いがあったと思われます。

ヨットの帆柱や灯台などの白色が置かれることで、距離感が明確になっています。

遠景がぼやけて見える状態も点描で見事に表現されています。

ジョルジュ・スーラとは

ジョルジュ・スーラは19世紀に生きた新印象派の画家です。

スーラといえば「点描」を連想される方が多いかもしれませんね。

線を用いずに、非常に細かい筆のタッチで表現する「点描」の技法は、印象派を代表する画家モネらが開発した「可能な限り絵の具を混ぜ合わせない」筆触分割という技法や光学的な理論によって成り立っています。

それでは、スーラの生涯を眺めてみましょう。

ジョルジュ・スーラは、1859年(安政6年)12月2日、フランス・パリの比較的裕福な家庭に生まれました。

1878年(明治11年)には、国立美術学校のエコール・デ・ボザールに入学します。
絵画の巨匠らの作品や色彩理論などの研究を行なっています。
しかし、兵役に就くため1年間ほど休学せざるを得ませんでした。

スーラは1879年(明治12年)、第4回印象派展に足を運んでいます。

1883年(明治16年)には、フランスの王立絵画彫刻アカデミーが開催するサロン・ド・パリで入選します。

それを機にスーラの代表作のひとつとなる「アニエールの水浴」の制作に着手します。

「アニエールの水浴」の時点では点描の技法が確立されていなかったのでしょう。
それまでの伝統的なスタイルと点描に類似する技法が混在している作品に仕上がっています。

「アニエールの水浴」の制作期間は1年間ほどで、1884年(明治17年)に完成しますが、残念ながらサロンでの入選は叶いませんでした。

スーラは同1884年(明治17年)に、自身最大の代表作「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の制作に取り掛かります。

「グランド・ジャット島の日曜日の午後」は、1886年(明治19年)に開催された第8回 印象派展に出展されます。
(印象派展は全8回開催されたため、1886年が印象派にとって最後の展示会となりました。)

ジョルジュ・スーラ紹介の冒頭で「新印象派の画家」と書きましたが、この「新印象派」という呼称はスーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」に関係しています。
第8回 印象派展に出展された同作品を観た批評家が、雑誌の記事で使用した言葉でした。

スーラの風景画の描き方は、屋外で素描や油彩による習作を描き、仕上げはアトリエで行なうというスタイルでした。

スーラは油彩画だけでも約70点ほど作品を描いています。

ジョルジュ・スーラの死因はハッキリとしていませんが、1891年(明治24年)3月29日パリにて亡くなりました。
31歳という若さでした。

わたなびはじめの感想・ジョルジュ・スーラ作「オンフルール港の入口」

オンフルールオンフルール

ジョルジュ・スーラの点描で描かれた作品を国立西洋美術館で実際に目にしたとき、制作工程を漠然と想像した記憶があります。

点描という技法で作品を描く際の労力を、他の画家の描き方と比較することはナンセンスですが、相当な手間がかかっているように思えて気が遠くなるようでした。

可能な限り、作品に近づいて鑑賞したのを覚えています。
25年以上前の話ですが…。

私はスーラの描いた「オンフルール港の入口」のような、のどかな作品も好きです。
何か劇的な場面を描写したのではなく、ある意味、日常の景色を緻密に描いているところにも惹かれます。

現在は図録を通じてこの作品を観ていますが、心が落ち着く感じがして平穏を味わえます。

おそらく、空の青色に対する水面の緑色が温かみを帯びているからなのかもしれません。

最後におこがましいことを承知の上で、いつものわたなび流の感想で終わろうと思います。
スーラの描いた「オンフルール港の入口」は、「心の平静を保つためにも、家に飾りたい(欲しいと思う)作品」です。

あなたはどのような気持ちを感じますか?

まとめ

スーラ作「オンフルール港の入口」
  1. スーラは新印象派の画家。
  2. 「オンフルール港の入口」は点描で描かれた作品。
  3. スーラは若くして亡くなっている画家。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA