美術作品

強さを感じる女性像!アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック作「モンルージュにて-赤毛のローザ」|国立西洋美術館「バーンズ・コレクション展」より

バーンズコレクション ロートレック「モンルージュにて-赤毛のローザ」

国立西洋美術館でバーンズ・コレクション展が開催されたのは1994年(平成6年)のこと。

その数年前、高校の美術の授業でロートレックの「洗濯女」をテーマにしたプレゼンをした経験があったことから、実際に彼の作品を観ることができたときには不思議な満足感を覚えたのを記憶しています。

バーンズ・コレクション展で観たのは「洗濯女」ではなく、モンルージュにて-赤毛のローザ」という作品でしたが…。

今回は、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック作「モンルージュにて-赤毛のローザ」を基に、さまざまな考察をしてみたいと思います。

■アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック作「モンルージュにて-赤毛のローザ」

  • 制作年:1886-1887年
  • サイズ:72.3 × 49cm
  • 油彩、カンヴァス

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック作「モンルージュにて-赤毛のローザ」

バーンズコレクション ロートレック「モンルージュにて-赤毛のローザ」

上述したように、私には高校時代の美術の授業で、ロートレックの「洗濯女」についてのプレゼンを行なった経験があります。

美術の先生がさまざまな画家の作品をセレクトしていて、生徒に選ばせ、その作品について発表させるという授業だったと記憶しています。

内気な私の性格上、率先して自分の関心の高い作品を選ぶようなことはできませんでした。
結果的にロートレックの「洗濯女」が手元に残りました。

しかしそれは幸いだったと思っています。
なぜなら、まだ知らなかった画家とその作品を知る機会になったのですから。

そして高校卒業後、数年を経てバーンズ・コレクション展でロートレックの作品と対面しました。

それが今回ご紹介している「モンルージュにて-赤毛のローザ」でした。

どこかで観たことがある気がする…。

モンルージュにて-赤毛のローザ」に描かれている女性は「洗濯女」と似ていたのです。

カルメン・ゴーダン。
この人物が、「モンルージュにて-赤毛のローザ」に描かれている女性だと考えられています。

カルメン・ゴーダンはロートレックのモデルで、「洗濯女」でもモデルを担当しています。

やはり同一人物でした。

小さな出来事ではありましたが、私にとってはそれなりに価値のあることでした。
美術の授業を通じて学んだことがキッカケとなり、上京後、美術に対する好奇心の幅がさらに広がったのです。(美術の先生に感謝しています。)

モンルージュにて-赤毛のローザ」の作品に話題を移しましょう。

この作品は全体的に茶色がかった表現がされています。

おそらくは、白色のブラウスに黒っぽいスカートを着用していると思いますが、この衣装、「洗濯女」と同じなのではないかと思っています。

どちらも彼女の横顔を描いており、目は髪で隠れています。
しかし、スーッとした鼻や尖り気味に描かれたアゴから、美しい女性だったのではないかと想像できます。

どちらかというと、この女性からは友人と談笑するような雰囲気は感じられず、「強くあろう!」と芯を持って生きている印象を受けます。

ロートレックの筆運びの大胆さが、彼女の内面的な個性の表現性を高めています。

モンルージュにて-赤毛のローザ」の「モンルージュにて」とは、シャンソン歌手アリスティッド・ブリュアンの歌のタイトルのようです。

この作品は、後述する店ル・ミルリトンに飾られていた肖像画のひとつです。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックとは

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは、1864年(文久4年・元治元年)11月24日に生まれたフランスの画家です。
油彩画だけでなくモダンなポスターでも有名です。

ロートレックはフランス・タルヌ県アルビの出身です。

ロートレックの先祖は彼の生まれた頃から1000年ほども遡ることができる貴族で、トゥールーズ=ロートレック家は伯爵の家系でした。

ロートレックは伯爵家の長男として生まれましたが、幼少の頃から病弱でした。
弟は幼くして亡くなっています。

8歳の頃、母親と共にパリに移り住み、絵を描き始めます。
息子の才能に気付いた母親は、ロートレックに絵画のレッスンを受けるように手配します。

ロートレックは10代半ばの頃、2度にわたる足の骨折事故のため、両足の成長がストップしたしまったそうです。

その後、病気が原因でアルビに住む父親の元に戻りますが、父子の関係は良好とはいえなかったようです。

しかし1882年(明治15年)、ロートレックは画家になることを決意しパリにでます。

最初はレオン・ボナの画塾に入り、画塾閉鎖後は、モンマルトルのフェルナン・コルモンの画塾に移ります。
画家になろうとしていた若きロートレックの決意の強さが感じられますよね。

残念ながら両塾の指導は、ロートレックにとって満足できるものではありませんでした。

幸いだったのは、コルモンの画塾において、ゴッホやアンクタン、ベルナールらと出会えたことです。
これにより、ロートレックは印象主義的な影響を受けます。

そして時をほぼ同じくして、ロートレックは夜のモンマルトルの魅力に惹かれるようになります。
「シャ・ノワール」や「ル・ミルリトン」といった夜の酒場やダンスホールに頻繁に通いました。

1880年代後半には、新たに開店した「ムーラン・ルージュ」などのポスターを手掛けるようになります。
ロートレックのポスターには日本版画の影響も感じられます。

バーンズ・コレクション展の図録には、ロートレックの作品に関して次のような解説が記されています。

 強い輪郭線と平坦で鮮やかな色彩による大胆な構成という彼の手法には日本版画の影響も認められ、≪フェルナンド・サーカスにて≫(1888年、シカゴ、アート・インスティテュート)や≪ムーラン・ルージュのダンス≫(1890年)などの油彩の代表作を始め、1891年の「ムーラン・ルージュ」のポスターを皮切りに石版画にも腕を振るった。

出典:『バーンズ・コレクション展図録
小勝禮子著 125ページ

ロートレックは、サーカスや劇場、そこで生活する女性たちなどを描きました。

1898年(明治31年)頃になると、身体的な偏見を苦にしたアルコール依存と、放埓な生活が身体を蝕むようになります。
アルコール依存症だけでなく梅毒も患い、サナトリウムに短期入院した時期もありました。

1901年(明治34年)にはパリを出て母親のもとに身を寄せます。
しかし同年9月9日、脳出血によりロートレックは36歳という若さで亡くなりました。

わたなびはじめの感想・ロートレック作「モンルージュにて-赤毛のローザ」

パリ モンマルトルの丘パリ モンマルトルの丘

モンルージュにて-赤毛のローザ」に描かれている女性からは、優しさというよりも力強さを感じます。

孤独かどうかはわかりませんが、どことなく寂しさを漂わせた雰囲気には切なさを覚えずにはいられません。

目が隠されていることで、どのような顔の女性なのかという想像力を刺激されませんか?

その意味では「サモトラケのニケ」のようです。
表現されていない(見えない、現存しない)部分があることにより、観る側にイメージする余地を与え不思議な魅力を演出しているのです。

いつものようにおこがましいことは承知の上で、わたなび流の感想で締めくくろうと思います。

ロートレックの描いた「モンルージュにて-赤毛のローザ」は、「欲しいとは思いますが、自宅ではなく美術館などで鑑賞したい作品」です。

「欲しい」という気持ちは感じるのですが、この作品を自宅で毎日目にしている光景が思い浮かばない…
表現を変えると、「自分には似合わない」ということですね。

ということで、またいつの日か鑑賞する機会があることを期待しています。

まとめ

ロートレック「モンルージュにて-赤毛のローザ」
  1. ロートレックはポスターでも有名。
  2. 「モンルージュにて-赤毛のローザ」は、女性の孤独と強さを感じる作品。
  3. 「洗濯女」と同じモデルを描いた作品。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA