美術作品

なぜこのシチュエーション?アンリ・ルソー作「熱帯の森を散歩する女」|国立西洋美術館「バーンズ・コレクション展」より

バーンズコレクション アンリ・ルソー「熱帯の森を散歩する女」

平面に閉じこめられた不思議な世界観を表現する画家アンリ・ルソー

熱帯の森を散歩する女」もルソーの世界観が色濃く反映されています。

ちょっぴり不思議でユーモラスなこの作品の魅力について、1994年(平成6年)に国立西洋美術館で開催された「バーンズ・コレクション展」の図録をもとに考察してみます。

■アンリ・ルソー作「熱帯の森を散歩する女」

  • 制作年:1905年
  • サイズ:99.9 × 80.7cm
  • 油彩、カンヴァス

アンリ・ルソー作「熱帯の森を散歩する女」

バーンズコレクション アンリ・ルソー「熱帯の森を散歩する女」

アンリ・ルソーが好んで用いたテーマが「熱帯」と「散歩する人」でした。
その意味では「熱帯の森を散歩する女」は、その両方を満たしていると言えます。

ルソーが熱帯の風景を描く際、実際に熱帯地方に訪れたかというと、そんなことはなかったとか…。
書籍や植物園を参考にしていたようなのです。

しかし、実際に熱帯地方を旅したかどうかは、作品を観賞する際にはそれほど重要なことではありません。
(私の感想ですが。)
画家がイメージしたものを絵画という手段を用いて表現しているのです。

SF小説を書く作家は、実際に未来に行ったわけではないでしょうし、歴史小説にしても過去の時代をつぶさに見てきたわけではないのですから。

では、「熱帯の森を散歩する女」をじっくり観察してみましょう。

シチュエーション的には不自然な感じが否めません。

熱帯植物が背高く生い茂る、窒息しそうな空間に、貴婦人らしきドレスを着た女性がひょっこりと姿を現しています。
熱帯のジャングルで道に迷ってしまったかのような印象を受けます。

女性の頭上に描かれている大きな果実はオレンジでしょうか?
人の頭部よりも大きいので、落下してきたら大変です。
女性には前後左右だけでなく、上も気にして欲しくなります。

この作品の魅力のひとつは、一見不自然とも言える違和感(熱帯とドレスの貴婦人)のコントラストにあると思います。
非常にユーモラスに見えますね。

ルソーの頭の中に存在する「とっても安全な熱帯エリアに、突然紛れ込んでしまった女性が困惑して彷徨っている」ようで、楽しく鑑賞できるのではないでしょうか。

アンリ・ルソーとは

アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソーは、19世紀終盤から20世紀初頭にかけて活躍したフランス人の画家です。

ルソーはフランス西北部ブリュターニュ地方のマイエンヌ県ラヴァルで、1844年(天保15年・弘化元年)5月21日に誕生しました。

ルソーが専業画家となったのは人生の晩年に近づいた頃からで、それまでは兼業画家としての活動時期がありました。

高校を中退した後、法律事務所で働き、1871年(明治4年)にはパリの入市税関で勤務するようになります。
1863年(文久3年)からの5年間は軍役に就いていました。

ルソーがいつ頃から絵を描き始めたのかはよく分かっていないようです。
バーンズ・コレクション展の図録には、次のような解説がありました。

長い間パリ市の入市税関に勤めたため、やがてドゥアニエ(税関吏)・ルソーと呼ばれるようになるこの画家の初期の画業は必ずしも明らかではないが、すでに1880年代前半には絵を描き始めていたと考えられている。

出典:『バーンズ・コレクション展図録』
高橋明也著 126ページ

現在残っているルソーの作品で、最初期と思われる作品は1879年(明治12年)頃のものだそうです。

1885年(明治18年)、サロンに出品するも落選します。

翌年からは、基本無審査のアンデパンダン展(サロン・デ・ザルティスト・アンデパンダン)という設立間もない展覧会に、「カーニバルの夜」など4作品を出品します。
ルソーは2度ほど例外はあったものの、毎年のように出品を継続しました。

1893年(明治26年)、ルソーは22年間ほど勤めた入市税関を辞めます。
その後は年金で生活するようになります。
退職したのは、画業に専念することが目的でした。

ルソーの作品は一部の画家(ピカソやロートレックら)を除いて、彼の存命中にはそれほど高い評価を得らなかったとも言われています。

しかし、必ずしもそうであったとは言えない気がします。
1895年(明治28年)には、世間の反響を呼んだ出来事もあったからです。

1894年(明治27年)のアンデパンダン展には、現在オルセー美術館に収蔵されている「戦争」など4作品を出品します。
翌年、詩人のアルフレッド・ジャリが編集していた雑誌に「戦争」のリトグラフが添付され、話題となりました。

ルソーが絵を描くことに専念するようになったのは50歳くらいからです。
今回ご紹介している「熱帯の森を散歩する女」は、税関職員を辞めたあとの作品となります。

年金をどれくらい受け取っていたのかはわかりませんが、絵が高く売れなかったとしても生活には困らなかったのではないでしょうか。

アンリ・ルソーは肺炎のため、1910年(明治43年)9月2日にフランス・パリで亡くなりました。

わたなびはじめの感想・アンリ・ルソー作「熱帯の森を散歩する女」

熱帯雨林熱帯雨林のイメージ。

私は北海道で生まれ育ったことも関係しているのか、熱帯地方では生きていけない気がします。
なぜなら、東京の夏ですら厳しいのです。

田舎で暮らしていたころの夏は、エアコンの普及率や家計的問題も関係していますが、うちわで過ごしていました。
扇風機も無かったので、本家に行ったときに扇風機にむかって「アーッ」と声を浴びせて遊んだものです。

上京後、たまに帰省したときなど、うちわで物足りない時には、早めに銭湯の熱いお湯に浸かることで、その後を涼しく過ごしたりしていました。

ぽっちゃり体型で汗っかきというのも辛いところです。
(これについは、周囲にも迷惑を掛けかねませんね…。)

そんな感じですから、「熱帯の森を散歩する女」を観ると、「その服装で、なぜそこに?」といった突っ込みたくなるような感想を持ってしまいます。

ですが、それが楽しいのですから不思議です。
ルソーの描いた「熱帯の森を散歩する女」の魅力の影響なのでしょう。

平面的な印象を受けがちですが、立体感がないわけではありません。
遠近感というか、多少の奥行きは感じます。

蒸し暑いはずなのに、暑苦しさを感じない不思議な作品です。

最後におこがましいことを承知の上で、いつものわたなび流の感想で締めくくりたいと思います。

アンリ・ルソーの描いた「熱帯の森を散歩する女」は、「毎日、自宅で鑑賞したい(欲しい)と思えるすばらしい作品です。

このような作品を飾ることができるとしたら、シーズンに関係なく「夏の部屋」みたいな空間を造りたくなりますね。

まとめ

ルソー・熱帯の森を散歩する女
  1. ルソーは税関吏の傍ら絵画作成をしていた時期があった。
  2. ルソーの好んだモチーフは「熱帯」と「人の散策」。
  3. 熱帯の森を散歩する女」は、背景と登場人物の服装などの違和感が面白い!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA