美術作品

ひとつの山を2つの作品で見比べ!ポール・セザンヌ作「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」|伊勢丹美術館「コーン・コレクション展」より

コーン・コレクション セザンヌ「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」

同じ画家が描いたひとつの山を見比べてみました。

その画家とはポール・セザンヌで、山とは「サント=ヴィクトワール山」です。

■ポール・セザンヌ

  1. ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山【コーン・コレクション展】
  2. サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール【見えてくる光景展】

1996年(平成8年)、伊勢丹美術館で開催された「コーン・コレクション展」の図録と、2020年(令和2年)にアーティゾン美術館で開催された「見えてくる光景展」に展示された作品を見比べました。

■ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山

  • 制作年:1897年頃
  • サイズ:65.1 × 80cm
  • 油彩、カンヴァス

サント=ヴィクトワール山について

サント=ヴィクトワール山サント=ヴィクトワール山

サント=ヴィクトワール山は、フランス南部のエクス=アン=プロヴァンス郊外にある標高1,011メートル程の石灰岩でできた山です。
全長は約18km以上にも及び、「馬の背中」のような姿をしています。
山の最高点には「ピックデムッシュ」という呼び名が付けられています。

セザンヌが多く描いたことでも有名で、ハイキングや登山者に愛されている山です。

セザンヌのエクス=アン=プロヴァンス近郊の住まい近くからは、サント=ヴィクトワール山を眺めることができ、1880年代中頃からこの山をモティーフに連作を描いています。

セザンヌがサント=ヴィクトワール山を登っていたのかはわかりません。
私の乏しい知識において、少なくともサント=ヴィクトワール山の山頂から描いた作品は無かったように思います。

そういえば、私の故郷にある函館山は、牛が伏しているような姿に例えられ、「臥牛山(がぎゅうざん)」とも呼ばれていました。

ポール・セザンヌ作「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」

コーン・コレクション セザンヌ「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」

その描かれた数から推察するに「サント=ヴィクトワール山」のモチーフは、セザンヌにとって非常に重要度の高いものだったといえます。
少なくとも油彩画40点以上、水彩画40点以上、その他に素描も残されています。

セザンヌは「サント=ヴィクトワール山」を1870年(明治3年)から描き始めます。

セザンヌはいろいろな角度から「サント=ヴィクトワール山」を描いていますが、この作品では山の手前に石切場が展開されています。

この場所は、幼い頃からセザンヌにとってゆかりのある土地でした。
ビベミュの石切場には、度々親友とピクニックに行っていたのです。

セザンヌはよく知っている場所からの風景を描くに当たって、石切場の岩肌から感じる迫力を最大限に活かそうとしたのではないでしょうか。

前方に望むサント=ヴィクトワール山の白い山肌と石切場の茶色の対比も、作品に鮮やかさを添えています。
さらに手前に描かれている木々の緑からは温かみを感じ、切り立った山、ゴツゴツした岩を殺風景なものにしていません。

一見平たい印象を受ける作品ですが、木・岩・山の配置を考えると非常に奥行きのある作品だと気付きます。

ポール・セザンヌとは

ポール・セザンヌは「近代絵画の父」とも呼ばれるフランスの画家です。
フランス・エクス=アン=プロヴァンスで、1839年(天保10年)1月19日に誕生しました。

モネやルノワールらともに印象派のグループに属していた時期がありますが、1880年代に入ると絵画の伝統に縛られない独自の画風を追求しています。

そのため「ポスト印象派」の画家とも呼ばれ、ピカソやジョルジュ・ブラックら「キュビスム」以降の多くの画家に影響を与えました。
「近代絵画の父」と呼ばれる所以ですね。

セザンヌの父親は銀行の経営者で、息子に法律を学ぶことを期待したようです。

セザンヌは10歳でエクスのサン=ジョセフ校に、13歳でブルボン中等学校に入学しています。

セザンヌの人柄を伺える出来事があります。
パリ出身の下級生がよそ者扱いされてシカトされていたのを無視して声をかけたことがありました。
結果としては、セザンヌ自身も報復されましたが、その後小説家となる下級生のエミール・ゾラとは親友になっています。

ブルボン中等学校に通う傍ら、セザンヌは1857年(安政4年)からエクスの市立素描学校にも足を運ぶようになります。
そこで素描を学びました。

1858年(安政5年)に中等教育レベル認証国家資格であるバカロレアに合格。
1861年(万延2年・文久元年)までは、前述した父の希望に沿ってエクス大学の法学部に通っていました。
この期間もセザンヌは素描の勉強を続けていました。

そのような絵に対する想いは徐々にセザンヌの中で膨らんでいきました。
法学の勉強に身が入らなくなったのです。

親友エミール・ゾラの励ましもあり、セザンヌは画家を志すために大学を中退します。
1861年(万延2年・文久元年)のことでした。
同年4月には絵画の勉強を目的としてパリに移ります。

パリに出たセザンヌはルーヴル美術館で巨匠ベラスケスやカラヴァッジオらの作品に影響を受けます。

残念ながら官立の美術学校への入学は叶わず、アカデミー・シュイスという画塾に通いはじめます。
この画塾では、後に印象派を形成するカミーユ・ピサロやアルマン・ギヨマンとの出会いがありました。

しかし1年もたたないうちにセザンヌは故郷に帰ってしまいます。
都会的な振る舞いができなかったことや熱心に絵画に向き合う姿を揶揄されたことが関係していたようです。

故郷では、父親の経営する銀行に勤務しつつ美術学校に通っていました。

残なことに、銀行での勤務はセザンヌに合っていなかったようです。

1862年(文久2年)、セザンヌは再びパリに戻り、画塾アカデミー・シュイスに通いはじめました。
この度は、クロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールらと出会ったようです。

苦い思い出のある画塾に、戻る決意をしたのは驚きです。

推測ですが、セザンヌには画家になりたいという強い意志があったと思われます。
もしくは銀行業務が性に合わなかったため、画家しかない!と感じたのかもしれません。

この頃のセザンヌは画家になりたいという点でのブレはないようですが、周囲の目にはフラフラしているように映ったことでしょう。

1865年(元治2年・慶応元年)、セザンヌはサロン・ド・パリに応募するも落選。
翌年1866年(慶応2年)も落選。
1867年(慶応3年)、1868年(慶応4年・明治元年)、1870年(明治3年)も落選し、なかなか評価を得られませんでした。
経済的にも厳しくなっていきました。

1870年(明治3年)の普仏戦争勃発に際しては、地中海沿いのエスタックという漁村に移り、兵役には就いていません。
セザンヌはエスタック村の風景も描いています。

1872年(明治5年)夏頃、セザンヌはパリに戻ります。
この時期セザンヌは、ピサロやモネから影響を受けたようです。

そして1874年(明治7年)、セザンヌは第1回印象派展に3作品を出品します。
印象派展は批評家らにより酷評されましたが、セザンヌの作品「首吊りの家」はアルマン・ドリア伯爵の買い上げとなっています。

第2回には出品しませんでしたが、1877年(明治10年)の第3回印象派展には出品し、評価が分かれました。

その後セザンヌは、印象派の手法に対して疑念を抱くようになります。
光を表現を追求するだけでなく、対象物を存在感を持って描きたい気持ちになったのでした。

1878年(明治11年)頃からの数年間、セザンヌはパリの画壇と距離を置きます。
しかし1882年(明治15年)、主催団体が替わったサロンで初入選します。
その時の作品は「L・A氏の肖像」でした。

1890年代に入ると糖尿病と加齢により、セザンヌは屋外での絵画制作が困難になります。

1895年(明治28年)と1898年(明治31年)には個展を開催しています。

ポール・セザンヌは肺炎のため、1906年(明治39年)10月22日または23日に亡くなりました。

一部の画家は別として、晩年になるまでセザンヌ作品に対する大衆からの評価は高かったとはいえません。
しかし彼の死後、その価値がより認められるようになっていきました。

わたなびはじめの感想・2つの「サント=ヴィクトワール山」作品

アーティゾン美術館「見えてくる光景展」ポール・セザンヌ【サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール】

私のセザンヌ作品に対する印象は、どちらかというと「暗くて・平たい」といった感じです。
屋外風景を描いた作品の空は、澄みきったイメージが少ない気がします。

今回見比べる2作品からも晴々とした印象は受けません。

  1. ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山【コーン・コレクション展】
  2. サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール【見えてくる光景展】

描かれた順番は、①「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」の方が10年程先です。

①「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」は石切場の迫力が強調されているのに対して、②「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」の方は木々の緑が画面に溢れています。

同じサント=ヴィクトワール山を描いていても、受ける印象が大きく違うのでおもしろいところです。

②「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」の方は、これから嵐でもやってくるのではないかという感じがします。
一部茶色い岩肌が顔をのぞかせていますが、荒々しさは木々で和らげられていますよね。

他方、①「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」は石切場の荒々しい岩肌が描かれているにも関わらず、温かみを感じます。

筆のタッチは①「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」の方が繊細ですね。

作品の奥行に関しては②「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」の方がハッキリと描かれているともいます。
画面右上の木の緑がその効果を高めているからです。

同じモチーフを数十作品描いた画家ですから、どちらの作品も甲乙はつけ難いです。

あえてお伝えさせていただくなら、個人的には構図で選ぶなら②「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」が、雰囲気(明るさなど)で選ぶなら①「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」が好きです。

どちらか一方を選ぶなら、構図重視で②「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」です。
正直、難しい判断です。

最後に、いつものわたなび流の感想で終わりたいと思います。

セザンヌの描いた「ビベミュの石切場からのサント=ヴィクトワール山」は、「非常に美しい風景画ですが、美術館で鑑賞したい作品」です。

ちなみに②「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」は、「家で鑑賞したい(欲しい)と思える作品」です。

あなたは、どのように感じられましたか?

セザンヌ・「サント=ヴィクトワール山」
  1. セザンヌはサント=ヴィクトワール山をモチーフに数十点(油彩、水彩、素描)の作品を遺している。
  2. サント=ヴィクトワール山はエクス=アン=プロヴァンス近郊のセザンヌの自宅近くからも見ることができた。
  3. セザンヌ作品に対する評価は晩年から高まり始め、彼の死後より高まりをみせた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA