美術作品

すぐわかる!ジョージ・イネスとは

すぐわかる!ジョージ・イネスとは

19世紀のアメリカ人画家ジョージ・イネスとは、どのような生涯を送ったのでしょうか?

19世紀後半に風景画家として名を馳せたジョージ・イネス。しかし、その名声を得るまでには時間がかかりました。

わかりやすくご紹介します。

ジョージ・イネス、誕生~修業時代

アメリカ・ニュージャージーアメリカ・ニュージャージー

ジョージ・イネスは、1825年(文政8年)5月1日に誕生しました。

ジョージ・イネスの出身地はニューヨーク州ですが、幼い頃にニュージャージー州に家族で引越しています。13人兄弟の大家族。父親は農夫だったので、時には家族が協力して農作業をしていたかもしれませんね。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
まさに大家族!
うちは幼い頃、2人家族だったな。

ジョージ・イネスは10代の頃、銅版画家としての仕事をしていました。

1840年代に入ってからはニューヨークを仕事の拠点としています。時をほぼ同じくして、フランスから亡命してきた風景画家のレジス・ジヌーから絵を学んでいます。

ジョージ・イネス、ニューヨーク時代とヨーロッパ訪問

アメリカ合衆国・ニューヨークアメリカ合衆国・ニューヨーク

ジョージ・イネスの初期の画風には、ヨーロッパの風景画家(クロード・ロランなど)の作品から影響を受けていたようです。1850年代には、ヨーロッパに2回赴いています。特に2度目のヨーロッパ訪問時には、フランスのバルビゾン派の画家たちから大きな影響を受けました。

バルビゾン派とは、1830年代にフランスで誕生した画家の一派です。

バルビゾンとは村の名称で、風景や農民などを描く画家たちが集まって活動していました。「落穂ひろい」で有名なミレーは、バルビゾン派の中心的な画家の一人です。

30代半ばで体を壊したジョージ・イネスはニューヨークを離れます。パトロンを得られなかったことも関係していると思われます。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
画家として生きていくのに苦労したんだね。

しかし数年でニューヨーク近郊に戻ります。そのころにマーカス・スプリングスという人物の世話になっています。スプリングスはユートピア論者で、彼の住まいには芸術家たちのコミュニティーが形成されていました。

ジョージ・イネスはそのコミュニティーで、スウェーデンボリの思想的な影響を受けます。

スウェーデンボリはスウェーデンの思想家です。その思想の詳細についてはわかりませんが、「自然界と霊的世界のつながり」が関係しているようです。

ジョージ・イネス、イタリアを経てニューヨークへ

アメリカ・ニューヨークアメリカ・ニューヨーク

ジョージ・イネスは1870年(明治3年)からの4年間、イタリアを中心に過ごしています。

1878年(明治11年)には経済的な自立を果たし、ニューヨーク大学ビルにアトリエを借りています。

自宅はニューヨークに近いニュージャージー州モントクレアに構えていました。亡くなるまで、モントクレアに住んでしました。

1889年(明治22年)のパリ万国博覧会では金メダルを受賞し、ジョージ・イネスの名は国際的に知られることになります。

わたなびはじめ
わたなびはじめ
ジョージ・イネスは晩年、知名度がグンとアップしたんだね。

1894年(明治27年)8月3日にジョージ・イネスは亡くなりました。その葬儀は、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの主催で執り行われています。

ナショナル・アカデミー・オブ・デザインは、1825年(文政8年)設立されたニューヨークの美術学校です。

なびさんぽでご紹介しているジョージ・イネス作品

アメリカ・ニュージャージー【ブルックフィールドプレイスからの眺め】アメリカ・ニュージャージー【ブルックフィールドプレイスからの眺め】

【なびさんぽ】では、次のジョージ・イネス作品をご紹介しています。

デラウェア河風景 1861~1863年制作。
【ブルックリン美術館所蔵】
クリスマス・イヴ 1866年制作。
【モントクレア美術館所蔵】
ナイアガラ滝 1885年制作。
【モントクレア美術館所蔵】

まとめ

ジョージ・イネスとは
  1. ジョージ・イネスは、ニューヨーク州出身のニュージャージー州育ち。
  2. ジョージ・イネスはバルビゾン派の画家から影響を受けた。
  3. 1889年のパリ万国博覧会にて金メダルを受賞。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA